設計士が教える!子育てしやすい家づくりの最新トレンド

投稿日:2019年09月12日

みなさまこんにちは!設計士の茨木です。

 

今日は子育てしやすい家づくりについて、お施主さまの声や最新のトレンドを踏まえてお伝えしたいと思います。

 

まずダイニングとキッチンの位置関係について、以前は「子どもを見守る」という視点で対面式に人気が集中しました。
しかし、最近は横並びにダイニングとキッチンを配置する人が増えてきています。

 

 

その理由は、「子どもとかかわる」という視点では横並びの方がメリットが多いから。

 

ダイニングテーブルで宿題をする子どもに勉強を教えてあげようと思ったら、対面式だとわざわざダイニングに行かなければなりません。しかし、横並びなら食事の支度をしつつ気軽に後ろから声をかけられます。

 

また、一時期子どもが勉強するためのスタディコーナーが流行ったことがありました。
しかし、せっかく設けたスタディコーナーも実際はほとんど利用機会がなかったという声が少なくありません。

 

 

そこで、ダイニングとキッチンの位置関係を工夫して勉強はダイニングでさせる家庭が増えてきています。
スタディコーナーを設けない分、ダイニングのスペースを広々とれるのも魅力です。

 

子ども部屋についても以前とは考え方が変わってきていると感じます。かつては子どもが大きくなったら一人部屋にしてあげる家庭が多くありました。

 

しかし最近では、子ども部屋は「眠る場所」という位置づけにシフトしつつあります。
広さとしては、4畳弱程度あれば十分です。

 

 

子ども部屋が広いと、ついそれぞれが自室にこもりがちになり、家族でコミュニケーションをとる時間があまりとれません。しかし子ども部屋を小さく作れば、自然とリビングダイニングに人が集まるような家になります。

 

帰宅後もリビングで各々が自由に過ごす習慣がつき、子どもが成長してからも親子で会話する機会が多いという話をお施主さまから聞くこともあります。

 

「ダイニングでは勉強に集中できない」という意見もありますが、最近は受験期は学校や図書館、塾の自習室などで勉強するのが一般的です。思った以上に、子ども部屋を広く作るメリットは少ないのかもしれません。

 

また、子ども部屋を小さくすることで、余ったスペースをセカンドリビングや図書コーナー、土間として有効活用できます。家にあえて「余白」のスペースを残すことで、子どもの成長や家族の変化に応じて暮らし方を工夫する余地が残されるのです。

 

 

子育てしやすい家づくりの最新トレンドについて設計士が解説しました。
既成概念にとらわれず、自分たちが実現したい家族のかかわり方をイメージしながら間取りを考え抜くことが大切です。

 

アートハウスでは設計士が無料相談に乗るので、お気軽に家づくりの相談にお越しください。

美しい中庭を囲む平屋風の家。こだわりの書庫や洗面台に注目

投稿日:2019年09月10日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

今日はみなさまに施工事例をご紹介します。今回紹介するのは滋賀県にあるFさんの家です。

 

複数の設計事務所を訪ねたFさんは、アートハウスの設計士の熱心なヒアリングが印象的だったといいます。
その後提案されたファーストプランに一目惚れ。トントン拍子で家づくりが進みました。

 

 

平屋のような水平ラインを強調した外観は、シンプルでスタイリッシュ。
帰宅すると前庭の美しい緑が出迎えてくれます。

 

 

大きな窓のあるLDKには光がたっぷり差し込み、中庭の緑を眺めながらゆっくりくつろぐことができます。
広々としたダイニングキッチンは、壁面収納を活かして見た目もスッキリ。

 

下がり天井に間接照明を仕込むことで、天井が高く見える効果があります。自然光と間接照明のやわらかなハーモニーに気持ちが安らぎます。

 

 

書斎にはコンクリート打ちっぱなし風のクロスを採用。
ダイニングキッチンとは打って変わって、モダンでクールな雰囲気に仕上げました。

 

本が大好きなFさんのこだわりで書斎の隣には書庫があります。いつでもお気に入りの本を取り出してきて一人で本の世界に浸れる喜びは、本好きにはたまりません。

 

 

木とモザイクタイルで造作したオリジナル洗面台に、身支度の最中もテンションが上がります。
間接照明が木のぬくもりを引き立てます。

 

休日にはプライバシーの守られた中庭で、家族とのんびり過ごすことも。家のどこからでも中庭の緑を眺められる心やすらぐ家が完成しました。

 

アートハウスではお施主さまの理想の暮らしがずっと続いていくことを何より大切にしています。
3回まで無料で間取りを提案させていただいているので、ぜひ気軽にスタジオにお越しください。

 

アートハウスの無料相談の流れ!本当に費用はかからないの?

投稿日:2019年09月05日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

今日はみなさまにアートハウスの無料相談の流れについて簡単に説明させていただきます。

 

 

「興味はあるけど、営業がしつこそう・・・」そんな不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、アートハウスに営業マンはいません。設計士が直接相談に乗るため、1回目の無料相談後すぐに間取りの提案ができます。デザインや性能など注文住宅を建てるうえでの疑問を気軽に設計士にお話ください。

 

「変形地と四角形の土地で迷っている。こんな形の土地で希望通りの家は建つの?」

「他の設計事務所にも行った。一度図面を描いてもらってから比較検討したい」

 

一生に一度の大切な家づくりですから、迷うのは当然です。

悩みや迷いは設計士にどしどしぶつけていただければと思います。

 

 

アートハウスでは、3回まで無料で間取りを提案させていただいています。この3回という数字には実は意味があります。

 

1回目はお施主さまの希望通りに図面を描きます。
「どんな家かイメージしてもらう」ことが最初のステップでの目的です。

 

2回目は1回目の図面を踏まえ、設計士の感性で独自のアイディアをめいっぱい盛り込みます。
「家づくりの可能性を感じてもらう」ことがこのステップでの目的です。

 

3回目はこれまでのステップを踏まえての最終調整、お施主さまにとっての「理想の家」の提案です。

 

ここまですべて無料なので、安心してスタジオにお越しください。この後、申し込みが決まったらその時点で5万円だけお預かりさせていただきます。この他に費用は発生しません。

 

 

アートハウスでは、お施主さまの理想の暮らしを叶えるため対話を大切にしています。

 

「こんな家を建てたい」という希望を、「予算的に厳しい」「他の設計事務所で無理だといわれた」などの理由であきらめてほしくありません。

 

ぜひ、みなさまの理想をスタジオでお聞かせください。設計士がお待ちしております。

 

【注文住宅】動線に合わせた目的別収納で日々の暮らしを豊かに

投稿日:2019年09月03日

みなさまこんにちは!設計士の茨木です。

 

今日はみなさまに収納作りのアドバイスをお伝えしたいと思います。

 

 

収納を作る時、つい「たくさん入るに越したことはない」と考えてしまっていませんか?
実は、多すぎる収納は家が片付かない原因になってしまうんです。

 

ハウスメーカーはよく、収納量が多いことをアピールします。
しかし、必要な収納の量は暮らし方や家族構成によって変わります。

 

「まだ入る」と思って詰め込んでいるとすぐに容量オーバーしかねません。屋根裏収納や階段下収納・パントリーなど、広すぎる収納スペースはかえって生活を息苦しくしてしまうのです。

 

大切なのは、家族にとって本当に必要な量の収納。そして、動線を考えて目的別の収納を配置することです。

 

 

たとえば、シューズクローク横に小さな収納を設け、帰宅後すぐにカバンや上着を置けるスペースを作る。
しまう場所が決まっていれば、カバンや上着が見当たらなくて探し回ることもありません。

 

とあるお施主さまは、ご主人の帰宅後の動線を徹底的に考え抜いた間取り・収納を注文住宅で実現しました。玄関にカバンと上着を置き、そのままバスルームで入浴してパジャマに着替え、リビングに辿り着く頃にはすっかり家モード。

 

お施主さまからは、生活に無駄がなく毎日快適だと聞いています。このように、注文住宅を建ててからの実際の暮らしをイメージしながら1つずつ収納を考えていくことが大切です。

 

 

しまう物が決まっている目的別収納なら、何をどこに片付けるが悩むことがありません。
必要十分な収納を動線に合わせて小まめに配置することこそが、長く快適な暮らしを実現する秘けつです。

 

 

アートハウスでは毎日無料相談を実施しているので、ぜひ気軽にお越しください。設計士が直接相談に乗ります。

 

一緒に話すうちに、家族にとって最も適した収納の配置がきっと見つかるはずです。

土間やトイレに一工夫。最新の家づくりのトレンドをご紹介

投稿日:2019年08月29日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

今日は家づくりの最新のトレンドをご紹介したいと思います。

 

注文住宅では昔から人気のある土間ですが、最近はアウトドアブームによってますます人気が高まっていると感じます。

 

土間とは土足の空間で、玄関とは異なり一定の広さがあるものを指します。趣味の空間、子供の遊び場、バーベキューなど活用方法は様々です。グリーンを置いて憩いのスペースにすることも。

 

 

以前、リビング・土間・玄関・庭の境界をなくした開放的な間取りを設計しました。内と外をつなげることで、滋賀県の豊かな自然を部屋に居ながらにして感じる生活を実現できます。

 

土間を作る時に大切なのは、断熱性能を高めることです。ひんやりとした土間は冬場はリビングに冷気を呼び込みます。そのため、リビングと土間の間に間仕切りを設けたり、ロールスクリーンを下げたりといった工夫が必要です。

 

アートハウスではお施主さまが本当に望む暮らしが実現できるよう、細部にまでこだわってアドバイスをします。デザインだけの暮らしにくい家は、理想の家ではありません。住みやすさあってこそのデザインだと考えています。

 

最近いくつかご好評いただいているのが、トイレ内の化粧直しスペースです。トイレの中に手洗いボールや鏡を置くことで、お客さまが気兼ねなく化粧直しをすることができます。ホームパーティなどでご友人を招くことが多いお施主さまにおすすめの工夫です。

 

 

ほんのちょっとの工夫が、毎日の暮らしを楽しく豊かなものにします。無料相談にお越し頂ければもっとたくさんの事例をお話できるので、お時間ある時にぜひお立ち寄りください。

1 / 3512345...102030...最後 »
相談予約・お問い合わせはこちら

石山スタジオ

〒520-0835 滋賀県大津市別保2丁目8-32
石山スタジオ 家カフェ+GARDENさんの隣 営業時間 10:00~20:00

tel.077-548-8817
Copyright© 2016 ART HOUSE Co.,Ltd. All Rights Reserved.