お家キャンプ、プライバシー空間、緑のある暮らし――中庭で叶える夢

投稿日:2020年03月17日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

中庭のある注文住宅に憧れる方は多いのではないでしょうか。

今日は中庭を作る時のポイントをお伝えします。

 

まず初めに考えたいのは、中庭を作る目的です。

 

 

「お家キャンプやバーベキューを楽しみたい」
「中庭に木を植えて、リビングから緑を眺めたい」
「分譲地で外からの目線が気になる。プライバシー空間を確保したい」
「窓の少ない外観が好き。室内は明るい方がいいので、中庭から光を採りこみたい」

 

中庭を作る目的によって、中庭の広さや面積は違ってきます。

 

 

観賞用なら、リビングや玄関、バスルームなど、お家のさまざまな場所から中庭が見えるよう配置を工夫しましょう。

たとえば、和室の地窓から坪庭が見えるようにし、向かいにバスルームを配置すれば、和室からがバスルームが見えてしまう心配がありません。

 

工夫次第で、1つの中庭でも、いくつもの楽しみ方ができます。

 

続いて、中庭の種類についてです。中庭には、ロの字・コの字・L字の3種類があります。

コストでいえば、ロの字が最も高くなり、L字が最も安くなります。

コの字やL字でも、目隠しフェンスを立てれば、十分中庭の雰囲気を味わえます。

 

 

時折、「中庭を作ると動線が悪くなる」という意見を耳にします。

しかし、中庭があるからといって、一概に動線が悪くなるわけではありません。

 

アートハウスでは、お施主さまのライフスタイルを丁寧にヒアリングし、生活動線に合った間取りをご提案します。むしろ、中庭を生活の中に組み込むことで、個性的な面白いプランができあがります。

 

中庭のある家に憧れがある方は、一度アートハウスにご相談ください。

2020年3月17日 投稿|     


相談予約・お問い合わせはこちら

石山スタジオ

〒520-0835 滋賀県大津市別保2丁目8-32
石山スタジオ 家カフェ+GARDENさんの隣 営業時間 9:00~19:00

tel.077-548-8817
Copyright© 2016 ART HOUSE Co.,Ltd. All Rights Reserved.