【注文住宅】本当に快適な二世帯住宅を建てるコツは?

投稿日:2019年11月26日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

今日は二世帯住宅を建てるうえでの工夫をご紹介したいと思います。

 

二世帯住宅の場合、共用スペース・世帯別スペースをどのように作るかが重要です。

人気の間取りは、1階に共用のLDK、2階に夫婦と子どもだけで過ごせるちょっとしたリビングを設けるというもの。

 

 

そうすると、食事は親世帯も一緒に二家族そろってとり、家事がひと段落すれば2階で自分たちだけの時間をゆったり過ごすことができます。

 

二家族でコミュニケーションをとる時間もあり、自分たちだけの空間もある。そんな程よい距離感の暮らしが実現します。

 

2階にリビングを設置する場合、親世帯の寝室から距離をとるのも間取りのポイントです。リビングの物音は想像以上に響くため、寝室の真上がリビングだと親世帯が心地よく眠りにつけません。

 

 

また、2階のリビングから親世帯の寝室の灯りが見えるようにするのもおすすめです。そうすると、灯りを通じて程よくお互いの気配が感じられます。

 

その他に、洗濯室を共用にするのか、別々に設けるのかといったことも、家族の状況に応じて個別に検討する必要があります。

 

 

二世帯住宅を建てるときは、本当に必要なスペースかどうか十分検討することが大切です。

 

暮らしやすさだけを考えると、部屋が多くなり過ぎてしまうことも。しかし、時間が経てば家族のあり方は変わります。

 

将来的に子どもが家を離れたとき、ご夫婦二人では広すぎて、かえって使い勝手が悪くなってしまうことも少なくありません。自分たちの生活を長い目で見て、必要十分な間取りを心がけましょう。

 

アートハウスでは、お施主さまが長く快適に暮らせるよう、豊富な実績に基づき設計士がアドバイスを行います。

デザイン性と暮らしやすさ、両方にこだわった家づくりを。ほぼ毎日無料相談会を開催していますので、気軽にスタジオにお越しください。

2019年11月26日 投稿|     


相談予約・お問い合わせはこちら

石山スタジオ

〒520-0835 滋賀県大津市別保2丁目8-32
石山スタジオ 家カフェ+GARDENさんの隣 営業時間 9:00~19:00

tel.077-548-8817
Copyright© 2016 ART HOUSE Co.,Ltd. All Rights Reserved.