洗面所をお気に入り空間に。暮らし方に配慮したデザイン・機能とは

投稿日:2019年09月26日

みなさまこんにちは!設計士の安藤です。

 

今日はアートハウスでご案内しているオリジナル洗面化粧台についてお話させていただきます。
また、洗面所を作る時のコツやポイントも説明します。みなさまの参考になれば幸いです。

 

 

ダイニングやリビングと比べると家づくりで後回しにされがちな洗面所。
しかし、毎日使うからこそ「自分の好きな空間」に仕上げてほしいと思っています。
洗面所がお気に入りの空間だと、毎朝心地よく身支度できます。

 

ハウスメーカーでは、洗面化粧台は既製品が使われるのが一般的です。アートハウスでは既製品を使わず、木やタイルをあしらって世界に1つだけのオリジナルの洗面化粧台を造ります。

 

デザインは過去の造作事例を紹介しつつ、設計士がお施主さまと相談しながら決めていきます。

 

 

続いて洗面所作りのコツやポイントを紹介します。

 

暮らし方によって洗面所に必要な機能は変わります。家族構成・家を出る時間帯を考慮し、広さや洗面ボウルの個数などお施主さまにとって最適な洗面所を提案するよう心がけています。

 

たとえば、家を出る時間帯が近いのであれば洗面ボウルは2つ置き、洗面所も広くするのがおすすめ。その方が家族のストレスが少なくてすむのはもちろんのこと、洗面所がコミュニケーションの場にもなるからです。

 

親子で並んで身支度をしていると、鏡を通してお互いの目が合います。そのため、忙しい朝であっても目を見て会話をすることができるのです。

 

現代人は仕事や部活動、塾などでお互いの生活時間がズレてしまいがちです。だからこそ、こういった細かな配慮を家づくりに盛り込むことが大切だと感じています。

 

 

洗面所のクロス選びについて、私は「思い切って好きな柄・派手な柄を選んでください」とお伝えしています。
ダイニングやリビングと比べると洗面所は自由度が高く、多少テイストを変えても家全体の雰囲気を壊す心配がありません。

 

好きな柄・派手な柄だと、身支度をしているとき自然とテンションが上がります。最近では、植物系のボタニカルな柄を選ぶお施主さまが多くいらっしゃいます。

 

 

アートハウスでは、お施主さまの実際の暮らし方をイメージしながら設計士がきめ細やかな提案をします。
家づくりで何か悩んでいることがあれば、気軽に無料相談にお越しください。

 

無理な営業は一切行いません。世間話でもかまわないので、一度ゆっくりお話できればと思います。

2019年9月26日 投稿|     


相談予約・お問い合わせはこちら

石山スタジオ

〒520-0835 滋賀県大津市別保2丁目8-32
石山スタジオ 家カフェ+GARDENさんの隣 営業時間 9:00~19:00

tel.077-548-8817
Copyright© 2016 ART HOUSE Co.,Ltd. All Rights Reserved.